×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットに関する話

ダイエットにまつわる話


無理なダイエットは老化を招く

また一つダイエットの失敗例を紹介しましょう。
近頃実際の年齢よりも上に見られることに悩んでいる女性が増えているそうです。

もちろん仕事面や性格的にしっかりしているという事であればいいのですが、ここで取り上げるたいのはお肌の質や外見のことです。

このような女性に共通して便秘、肩こり、イライラといった不快な症状だけでなく、高血圧、高血糖など、中高年がかかりやすい生活習慣病(成人病)に悩む人が多いそうです。

どうしてこのような事が起こってしまうのでしょうか。

原因は腸年齢ですです。
腸年齢とは、腸内の善玉菌の量と考えてください。実際はは20代であるにもかかわらず善玉菌の量が著しく少ない為、腸年齢は40代・50代だという人も多いそうです。

その要因は、偏った食生活、過度のダイエット、運動不足が考えられます。
食の欧米化が進んだ今日、肉中心の食事や偏った食事が多く腸内細菌の状態に多大な影響を与えています。

ダイエットに成功してもに成功しても、本当の意味でこういう状況では。
繰り返しになりますが健康的に痩せなければ、成功ではありません。

ダイエットには便秘・宿便は大敵

ビタミンB群は脂肪燃焼を促すため、ダイエット中には摂る必要があります。

ただし、便秘や宿便になってしまうと、食物から摂ったビタミンの吸収効率が低下してしまいます。
偏った食事制限によるダイエットで、便秘になってしまう場合があります。

便秘が原因で、肩こり・頭痛・食欲不振・肌荒れなどの症状に悩まされることがあります。
便秘や宿便はダイエットの大敵であるだけでなく、体の大敵でもあるのです。

ダイエットと拒食症の関係

ダイエットがきっかけで拒食症になってしまうという事があります。たくさん食べ、すぐに全てを吐く、 それを拒食症といいます。拒食症で痩せた場合、げっそりとして骨と皮になってしまうなど、見た目にも 健康的ではなく、体にもよくないです。ダイエットで拒食症になってしまうと、いくら 痩せてしまっても自分では自覚できずまだ太っていると思い込んでしまう。 拒食症が続くと、死を招いてしまうこともあるていう危ない病気なのです。ダイエットも 正しい知識と方法だと成功しますが、方法を間違えると健康を損なってしまいます。正しい 目標を作り、外見も中身もきれいになれるダイエットをしましょう。

ダイエットがストレスを生むと痩せにくい

ダイエットを長続きさせるにはストレスが重要な課題です。大きな課題です。
大好きな甘いものをずっと食べられなかったり、お酒もほんのすこしで我慢したりと、ほんの小さなことですが積み重なるとそれなりのストレスになります。
ダイエットをやりだして、それなりの期間が経つと気が付くといらいらしてストレスがたまる人も少なくないようです。

このストレスが要因で、体外に、ビタミンやミネラルが出ていってしまいます。
それにより、ようやく痩せられた体もリバウンドになりやすくなり、ダイエットを実行する前よりストレスに弱い体になります。
その上ビタミンやミネラルが足りないため、食べることによる満腹感がないのでダイエットを行う前よりも過食になる動向が見られます。
こんなことになっては。

時には自分にお休みをあげてもいいのではないでしょうか。
カロリーを気にせず食べたり、運動も休みを入れたりしても平気ですよ。
。継続していけるよう、ストレス解消方法を探してみましょう。継続が成功の秘訣です。



やさしいダイエットできれいに痩せる方法のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真