×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットの助言

ダイエットの助言


体重が減ればダイエットといえるのか

ダイエットを成功させるポイントは続けることです。期間を決めて痩せようとせず生活習慣を振り返って、 無理せずできる方法を試してみましょう。食事の回数を一度に減らしたり、炭水化物を抜いたりするのでは 不健康だしまた元にもどってしまいます。和食を中心にしたりして、毎日の食生活の内容を 振り返ってみましょう。

ダイエットは長く続けることが重要

ヨーヨーダイエット。食事制限を続けて、それをやめしまったら、我慢ができずたくさん食べてしまい、 前と同じに戻ってしまう。繰り返しヨーヨーダイエットをすると、体が覚えてしまって、痩せにくくなる傾向にあります。方法が同じでも 一度目に10kg痩せることができても、4度目には3kgしか 痩せません。ダイエットは幾度もやって失敗を繰り返してしまうより、正しい知識と方法で やりましょう。

停滞期を乗り切るコツ

誤った知識で基礎代謝量を減らすダイエットで痩せた場合、見た目には 痩せて成功だと思いがちですが本当は筋肉が減っただけで体脂肪はそのまま残っているのです。そのため 実際に減らさなければならない部分(お腹の周りや内臓脂肪)の脂肪は減っていないのです。ということは 筋肉を減少させてしまっているのです。このような状態では成人病にかかりやすいばかりではなく、 お腹周りや太ももの部分のみが太いというように体のスタイルも バランスが悪くなります。基礎代謝量を上げることが大事なポイントです。体重の数値だけに とらわれないでください。

ヨーヨーダイエットの恐怖

食べる量を制限をすると、体は蓄えられた脂肪を使って、エネルギーを作り出します。
運動することをする事で、少しでも多くの脂肪を燃やすことを助け、脂肪は減少し、体重も減ります。

しかし、停滞期と呼ばれる、体重が減らなくなる時期が来ます。
体が体脂肪を減らさないようにするからです。

この時、体重が落ちなく減らなくなったからとダイエットを中断しないでください。
停滞期はダイエットの成功へ近づいたという事なのです。

正しいダイエットをやったので、体が体脂肪を維持しようとしたのです。
期間はまちまちですが、停滞期には永遠のものではありません。

体重が変わらないからと、必要以上のダイエットはやめましょう。
リバウンド心配や、精神的ストレス、健康状態の悪化など、良いことがありません。

今まで通りのダイエットを続けましょう。



やさしいダイエットできれいに痩せる方法のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真