×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食事でダイエットする方法

ダイエットで見直すべき点(食事内容)


ローカロリーな食事の為に

同じ材料でも、鶏肉は皮を取り除く、肉類や魚介類は網で焼いたりするなどすれば、油が少しだけですみます。味付けをマヨネーズとかなどの 高カロリー・高脂肪の材料はなるべく少なくして、ニンニクやショウガとかの薬味、コショウや唐辛子とかの香辛料、コショウ・唐辛子といった香辛料、レモンなどの酸味を使う。 茶碗やおかずの皿などの食器は小さめのものを使う。果物は控えめにする。こんな感じで調理法や食べ方を工夫すると、少しでもカロリーが抑えられます。

食物繊維を意識して摂取

ダイエットで、食事を減らしてしまうと、全体的に必要な栄養素も摂れなくなります。例えば食物繊維があげられます。 人はこの食物繊維が不足してしまうと下記のような危険性がでてきます。腸内細菌のバランスが悪くなり悪玉菌が増える。 血中コレステロールの値が高くなる。大腸がんになるリスクが多くなる。糖質が吸収されるのが増加し、インシュリンの分泌量が増加する。かなり 深刻ですよね。食物繊維はダイエット中であっても意識して摂取するようにしてください。生野菜は かなり量が多くてあまり摂取できません。野菜はゆがいたり 炒めたりするとたくさん食べられますので、野菜を食べるときは火を通し食べましょう。

たんぱく質を十分に取る

たんぱく質と聞いてまず思いつくもの・・・「たまご」「肉」「魚」などですね。ダイエットにとって最も摂取してはならないもの!と考えるかもしれません。 でもこれらのたんぱく質は摂らないとかえって太りやすくやせにくい「リバウンド体質」になってしまうことをしっておかねばなりません。 これらたんぱく質は筋肉の材料になるので、欠乏すると筋肉の量が減少して基礎代謝量が減ります。 基礎代謝量が減ると、自然に体内の消費カロリーが減ってきます。また 血液・骨格・内臓の材料となるので、足りなくなるとさまざまな弊害を引き起こしてしまいます。 とはいっても過度に摂取するのはもちろんいいとはいえません。 必要な最低限のたんぱく質をとらなかったらもっと危険なのです。



やさしいダイエットできれいに痩せる方法のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真